園について保育内容給食お問い合わせ子育て支援保健ホーム

給食

給食便り

~ご入園、ご進級おめでとうございます。~

新しいお友達を迎え、1つお兄さん、お姉さんになった喜びを胸に、新クラスでの生活が始まります。
「安心、安全」な給食を努め、食育に取り組みながら、季節毎の旬をたくさん詰めこんだ給食にしようと思っています。今年度もどうぞよろしくお願い致します。

≪給食の栄養量について≫

保育園では1日に必要な栄養量のうち、乳児(うさぎ・ちゅうりっぷ)は50%、幼児(ひまわり・たんぽぽ・すみれ)は45%を摂取できるように献立を立てております。

ただし、緑の家ではその子の思いや意思を大切にする保育をしたいと思っているので、食べる場面でも無理強いはせず乳児クラスでは食べたい量を担任が、幼児クラスでは自分がおいしく食べられる量を自分で決めて盛りつけています。

人はそれぞれ、活動量も体格も食欲も違い必要量も一律ではありませんので、規定の栄養量より摂取量の多い子少ない子が出てきますが、全体の成長をみながらも、意思を尊重した個々の栄養摂取量となっているというのが現状です。

保育園だけでは決して十分ではありませんので、朝ごはん、夕ごはんでもしっかりと栄養補充をお願い致します。

~ 春 野 菜 ~

春の野菜は、前年の寒い時期晩秋から冬に種まきされたり、苗を植え付けた野菜達です。
寒い冬の間、地中に根を張りじっと暖かくなるのを待っていました。
人の体も、冬の間は新陳代謝が落ち脂肪や毒素、老廃物などをため込んでいます。
春野菜には、そんな体をデトックス(解毒・浄化)する効能があるということ!
春が旬の野菜には、強い香りや独特の苦みを持つものが多いですね。
この香りや苦みの成分は、「植物性アルカロイド」といわれるもので これらの成分に共通するはたらきとしては抗酸化力があります。
これは、あらゆる病気の原因や老化の原因 にもなる有害な活性酸素を除去してくれます。
現代では1年中スーパーに並んでいる野菜達ですが、是非旬の時期に安価で栄養満点の旬の野菜を食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

代表的な春野菜

  • 春キャベツ
  • アスパラガス
  • スナップえんどう
  • 新玉ねぎ
  • 空豆
  • 菜の花
  • 新にんじん
  • さやえんどう
  • にら
  • たけのこ
  • ふき
  • グリンピース
  • うど

≪今月のクッキング≫

すみれ組がたけのこご飯、たんぽぽ組がグリンピースご飯を 炊きます。
本来筍は皮をつけたまま茹でますが、園では子供達に先に 皮をむいてもらい給食室で茹で、その後教室で炊飯します。
グリンピースはさやから豆をむき出し炊飯します。
両方とも旬の味。教室いっぱいに春の香りが漂うことでしょう。
炊飯器でできる、たけのこご飯のレシピをご紹介します。 是非お子様と一緒に、水煮では味わえない旬の味をお楽しみ ください。

~ 卯 月 (4月) ~

4月は卯月とも呼ばれます。 卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したもの。また十二支の4番目が卯(うさぎ)なので『卯月』と呼ばれるように なったという説もあります。

*卯の花:空木(ウツギ)
ユキノシタ科ウツギ属で白く可愛い花を咲かせます。

  (平均)
  エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
食塩
(g)
3.4.5才児 555 21.2 2.2
1.2才児 524 20.9 1.8